クレジットカード現金化がなぜできるのか?

クレジットカード現金化の際の還元率の意味は、クレジットカードのショッピングの枠を現金に換えるときの、キャッシュバックの比率を指します。

100万円のショッピング枠があり、それを全額現金化するときには、換金業者の取るマージンと、クレジットカード発行会社に払うキャンセル手数料を差し引いた金額が、もし90万円だったとしたら、そこでいう還元率は90%になります。

ショッピング枠を使用して現金化を行うフローは、現金化を担当する業者が指定してくる品物をクレジットカード決済で購入します。そしてその品物を返品すると現金が戻ってくるというシステムです。

特段、高級な品物を買うわけではなく、送付されてくる品物はあまり意味のない代物なので、返品はしなくてもかまいません。ただ、佐川急便、ヤマト運輸などの宅配業者から、確かに荷物を受け取った記録が必要になってきます。

宅配業者は頼まれた荷物を配達しているのみなので、現金化業者とは何の関係もないですが、届いた荷物を返品したという事実をクレジットカード発行会社に見せるための単なるパフォーマンスなのです。

利用者が荷物を受け取ったら、業者は即座に口座へ現金を振込みます。還元率がもしも80%以上であれば、その業者は優良と言えるのではないでしょうか。

ただ、還元率が高く設定されていても、現金化する額が高額になると、業者の手数料もそれに応じて高くなるので、ひとくくりでものを言うわけにはいきません。

業者の手数料が10%としたら、10万円の現金化では1万円ですが、100万円であれば10万円の手数料になります。なので、還元率は現金化を行う金額によって、変動していくのが通常です。

クレジットカード現金化の換金率とは

還元率についての基本的な知識を見てみましょう。ここでは、クレジットカードのショッピング枠残額の現金化を試みる際に、どのくらいの金額がもどってくるのかということについてお話します。

クレジットカードのキャッシング枠から現金を引出すのはお手軽だし簡単なことなのですが、ショッピング枠については、現金にするということが原則として不可能です。

しかしながら、ショッピング枠で借金をすることがもしできるのならば、利息額もキャッシング枠より低い率のほうが、返済がしやすくなりますよね。

そのようなことを可能にする業者もいます。質屋などと同様の古物商たるチケットショップと、ここ最近になって急に増加した、クレジットカード現金化専門の業者です。

どちらの業者が利用者にとって有用かという疑問がわきますが、これはどちらとも言い難いです。チケットショップもお店によってスタイルは様々ですし、現金化業者のほうも、還元率が最大と最小とでは30%もの開きがあります。

当然ながら、チケットショップや業者のサイト、業者比較のサイト、口コミの情報などで、還元率を確認することはできます。ただ言えることは、どの店舗、どの業者に利用申込みするにしても、申込む金額が高額になればなるほど、還元率が高くなるということです。

マージンを比率で徴収する際、業者にしてみれば、小さい額の現金化ではあまり儲けが出ません。同じ比率でも、元金が高額なら儲けも大きくなるのです。還元率が最大97%と掲げられている場合は、現金化する額が高くなるときに限られています。

加えて、買った品物を返品するスタイルでされる取引ですが、キャンセルの手数料はクレジットカード会社により異なります。すなわち、クレジットカード会社と扱う金額によって還元率が変化してくるということになります。