クレジットカード現金化は借金なの?

金融会社から借り入れをしている人がなざクレジットカード現金化を利用するのでしょうか。借金をするのには金額の上限が決まっておりその金額以上の借り入れはできないため、いろんな金融会社から借り入れをしてしまうとそれ以上のお金が必要になってしまった場合利用することができなくなってしまうのです。そうなると審査が簡単なクレジットカードを利用する手はありません。

そういった消費者からすると少しでも安い金利でお金を手配する方法をあらゆる手法から考えることとなります。クレジットカード現金化はそういった人々がよく利用することとなるので間に入る業者もそこに目を向けて宣伝するのです。

とはいってもカード会社からするとこういったクレジットカード現金化についてはもともとそのシステムのために開発されたサービスではないので良くは思わないのが本音なのです。なので現金化目的の売買は阻止しようと考えます。

明らかに換金できそうな商品についてはカード払いができないように手配しています。以前は購入できた金券類はほとんど購入できなくなっているのです。金券などは現金と同じ利用の仕方ができるのですぐに現金に変えやすいという面があります。

業者はそういったカード会社が阻止しようと目を配っている中からどうにか対策を考えて現金化したりします。

少ないやりとりで、いかに多くの現金へ換金し低コスト低金利で顧客に現金を手渡すことで業者間でも競争があるのです。しかしカード会社も黙っていません。あまり目立ってしまうとブラックリストに載ってチェックされてしまうのです。

業者はチェックされないように取引の金額を低めに設定してどうにかカード会社の網目をくぐっているのです。

クレジットカード現金化とサラ金

かつては「サラ金」と呼ばれていた業者が、現在では消費者金融と呼ばれています。今では「サラリーマン金融」という言葉を略した「サラ金」という呼び名はほとんど使われなくなりましたが、この言葉は大変に長い間、現在の消費者金融をさす言葉として使われ定着していました。

どちらも内容は変わらず同じ金融業者を指している「サラ金」と「消費者金融」という言葉でですが、この2つの言葉が持つイメージは全く別もののように感じられます。

「サラ金」というと怖いお兄さんたちがいて、とても高い金利で貸し付け、取立てとなると大声で怒鳴ったり暴力まで振るうといったような、とても怖い少し違う世界のようなイメージさえ持ってしまいますが、「消費者金融」というとかわいいアイドルや、好印象な清楚な女性などが広告に登場するようになり、金利もそこまで高くなく窓口では優しい女性が対応してくれるような銀行とほとんど変わらない貸付専門の金融機関というようなイメージがあります。

同じものでありながら、ここまで与えるイメージが変わるのには、業界全体の大変な努力があったことがうかがい知れますが、それだけではありません。

どちらの呼び名でもお金を借りる行為に変わりはありませんから、どうしても金利というものが発生します。サラ金時代にはかなり高い金利が当たり前に通っており、どうしても高利貸しというイメージが拭いきれませんが、これまでに何度も行われてきた貸金業法の見直しや新たな規制によって上限金利はどんどんと下げられてきました。

今ではどんな条件でも年利率20%を超える金利は設定できなくなっています。しかし、かつてのサラ金では年利率50%を超える金利が合法的に設定できていたのですから、今では信じられません。

利用する側としては上限金利が下がってくれるにこしたことはありません。それだけ利息の負担が減るのですから、嬉しいことです。しかし、逆にお金を貸す側にとっては金利が下げられると収入が下がることに直接影響してきますから、とても嬉しいと呼べるものではありません。

利用する人たちに言わせると「今までの金利が高すぎたんだ。これぐらいが当たり前だ」という意見も多いようです。中には今の金利でもまだ高いと人まで出てきています。

しかし、消費者金融というのは信用だけでお金を貸し付けていて、銀行のように担保や保証人は原則いりません。しかも銀行では審査に通らず融資が受けられないような人にまで貸付しますから、当然ながら回収できなくなり、貸し倒れとなってしまうようなリスクが高くなってしまいます。

ですから、それだけの高い金利を設定しなければ商売自体が成り立たなくなってしまうのです。そこへきて、法改正により強制的に上限金利を下げられ続けているので、消費者金融の収入も自動的に下がり経営を圧迫しているというのが現状です。

悪徳なクレジットカード現金化業者に騙されないようにしよう!

クレジットカード現金化の業者の中には、悪徳業者が存在します。どんな所にも、巧妙な手口で利用者を騙す輩がいるのです。実際に被害にあったという報告もあるそうです。

クレジットカード現金化のサービスを行っている業者の多くが、インターネットのサイト上、もしくはスポーツ新聞の広告欄で宣伝を行っています。人目を引く謳い文句につられて、簡単に契約をしないように気をつけましょう。

急に現金が必要になってしまい、安易に取り引きする業者を決めてしまうと、後で泣きを見ることもあるかもしれません。取引後に、商品が届かずキャッシュバックもない。見覚えの無い金額がやりとりされている。取り引きした覚えのない業者から連絡が来る、などトラブルがおこっています。

個人情報だけが欲しくてクレジットカード現金化を謳っている業者もあるようです。そういう悪徳業者に捕まらないように、取引する際には、十分気をつけてください。

気をつけてくださいと言っても、どう対処するのかと感じるでしょう。まず、広告に飛びついて取引をするのはNGです。取引を考えている方は、サイトを閲覧して下さい。

クレジットカード現金化に関してのサイトは数多くあり、業者をいろんなカテゴリ別に比較しているものや、実際に利用した人の口コミがあるものもあります。優良現金化業者といい、ランキング形式になっているものもあります。

取引業者を決めるのは、利用者なので、下調べは十分に行いましょう。そのあと、実際にコンタクトを取り、対応の様子などを探ってもいいかもしれません。実際に存在している業者かどうかも分かります。

しっかりしている業者ならば、対応もしっかりしているでしょう。悪徳業者の巧妙な手口にひっかからないようにしましょう。